1. ホーム
  2. WiMAXの基礎知識
  3. ≫WiMAX料金の支払い方法は?契約前に知って起きたい差が出るポイント

WiMAX料金の支払い方法は?契約前に知って起きたい差が出るポイント

『WiMAX契約したいけどクレジットカードないしデビットカードとかコンビニ払いで契約できるのかな?』

WiMAXの支払い方法で悩んでいる方に向けて書いています。

結論からお伝えするとWiMAXで使える支払い方法はクレジットカードと口座振替だけ。

コンビニ払いやデビットカードは2017年6月2日時点使えません。

もしあなたが口座振替で契約しようとしているなら契約前に知っておくべきポイントがあるのでお伝えします!

WiMAX料金の支払い方法はクレカ払いか口座振替の2つ

WiMAXの支払い方法はクレジットカードか口座振替のどちらかを選択することになります。

提供されるサービス内容に差はありませんが支払い方法によって、差がでるポイントがあるので紹介します。

支払い方法によって違いがでる3つのポイント

支払い方法によって差がでるのは3つのポイント。

どれも重要なのでおさえておきましょう!

1.口座振替だと選べるプロバイダが限られる

口座振替に対応しているプロバイダは4社だけでBroadWiMAX、nifty、BIGLOBE、UQ。

『くぅー、GMOのキャッシュバック狙ってたのに!』という方はこれを機会にクレジットカード作ってもいいかもしれませんね。

楽天カードなら審査もゆるく、発送までの時間も短いですしポイント還元率もいいのでオススメです。

2.口座振替は毎月手数料がかかる

口座振替はクレジットカードと違い毎月の口座振替手数料で200円かかります。

『200円くらい払ってやるよ!』と思うかもしれませんが2年間の契約期間を考えると200円*24ヶ月でなんと4800円も無駄に払うことになります。

4800円っていったらギガ放題1ヶ月分以上ですからね…。

結構この差額は大きいと思います。

3.口座振替は利用開始までに時間がかかる

WiMAXの端末は支払い方法が確定してからの発送になります。

クレジットカードの場合は契約時に支払い方法が確定しますが、口座振替は契約時にはまだ確定していません。

支払いに使う口座を登録してはじめて支払い方法が確定したことになります。

UQ以外は契約後に口座を登録することになるのでクレジットカード払いに比べるとどうしても時間がかかります。

BroadWiMAX以外はネットで口座登録が可能に!

口座振替で使えるまでに時間がかかるのは改善されつつあります。

今までは口座登録は書面での登録でしたがウェブから登録できるところが増え、BroadWiMAX以外は対応しています。

WiMAXの支払い方法でサービスには差は発生しません!

繰り返しになりますが大事なポイントなのでもう一度見お伝えしておきます。

WiMAXは支払い方法の違いによってサービス内容に差が出ることは絶対にありません。

差がでるのは、

  1. 毎月かかる口座振替手数料
  2. 利用できるまでの時間
  3. 選べるプロバイダの差

の3つの項目になります。

可能ならクレジットカード払いをオススメしますが口座振替しかできないという方は支払い総額を抑えたいならnifty、月々の支払いをおさえたいならBroadWiMAXをおすすめします。